お手紙

2017.09.25(12:39)




今日は先代らみがお空の住人になった記念日やでぇ~
5周年記念でお空では大宴会が予定されてるらしいねん。

先代らみに僕も招待してくれぇ~ってLINEしたら、
「修業が足らんから一生無理」って一言。

オカン、先代らみってどんなワンコやったん?


そうねぇ~
あなたと同じで私をシモベ化してたよ(笑)
何歳になっても甘えん坊さんだったし、
食いしん坊さんでもあったかな。


先代らみさんへ
お空は楽しいですか?
オカンを思い出して泣いてないですか?
お空中、おもいっきり走ってますか?

僕、先代らみさんに言いたい事があります。
オカンの夢に1度も出て来た事が無いと聞きました。
たまにはオカンの夢に出てきて下さい。

先代らみさん、オカンは僕が守りますので安心してください。


CIMG1664_20170925123403246.jpg



スポンサーサイト

先代らみ トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]

こんな写真みぃつけたぁ~

2017.05.22(10:42)

こらぁ~
らみ君、ゴソゴソ探検しない!




オカン、
この写真、メッチャ笑うよなぁ~



まずはきれいなお花を見て心落ち着かせてな。

CIMG1433.jpg






そしたらいくでぇ~覚悟はええかな?
じゃじゃ~ん!!





DSCF0022.jpg

メッチャ懐かしい写真・・・・・・

そうそう、このズラは京都の映画村に行った時に買ったのよ。
当時ね、ほねっこ食べてぇ~のCMのメーカーの掲示板で知り合った人たちと、
年1回お泊りでオフ会をしてて京都観光で映画村に行ったんだったわ。
もちろんワンコさん達はお留守番で人間だけのオフ会だったよ。
ちょうど5歳になるかならないかぐらいの写真ね。


メッチャ笑うわ。
垂れ耳やから出来たんやね。
それにしても違和感ないわ。
先代らみって笑わせるの上手やなぁ~
僕も先代らみを見習うわオカン




お口直しに咲き始めたラベンダーをどうぞぉ~

CIMG1434.jpg



DSC_0419.jpg



なぁなぁ~
僕の笑顔とどっちが男前かなぁ~
男前決戦投票中やから僕に清き1票お願いやで。


先代らみ トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]

もしも・・・・・

2016.12.14(08:41)

先代らみが存命やったら、
今日は19回目のお誕生日って事にあるねん。

オカンはスルーするつもりやったけど、
僕がハッピィーバァスディーの歌を歌って、
密かにお祝いするねん。


IMG_0246_201612131707173e4.jpg

らみ君、ありがとうね。
でもね、もう先代らみのお誕生日はしないのよ。

らみじいちゃんを忘れるんか?オカン!

忘れる訳ないでしょ。
今は先代らみのお誕生日より、
あなたのお誕生日の方が大切なのよ。
わかった?
ほんとにイタズラ好きでわがままし放題で、
私を飼い主とも思ってないそこの短足胴長の
土管体型のらみのすけ君!

オカン、土管体型ってなんや?

イヤ、私が言ったんじゃないわよ!
会社に出入りしてる業者さんとの話の中で、
業者さんがコーギーってあの土管体型してる
短足胴長のワンちゃんでしょって言われたのよ。


失礼な業者やなオカン!
コーギー界を敵に回すって事やなオカン!
オカン、そんな業者に発注するの止めて、
違う業者探したほうがええで!



DSC_0016.jpg


ハッピバァスディ ツユー♪~
ハッピバァスディ ディアらみじいちゃん~

お空でお友達に盛大なお誕生日会してもらいやぁ~
らみじいちゃんの好きなお肉用意してるみたいやでオカン。


先代らみ トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]

ひとつの区切り・・・

2016.09.25(00:00)

お空に旅立って4年を迎える先代らみの記録を残し、
オカンの一つの区切りとして僕がお話するね。


先代らみの闘病記録だから、
目を覆う写真も記載してるので注意してください。




2011年の春に撮影された先代らみ。
この写真が立ってる姿の最後だったんだよ。
最後の4本足歩行


急に腰から砕けるように倒れ込んだから、
オカンは何がおこってるのかわからず、
お外犬だったからシャンプーして
お家に抱っこして入れたんだよ。
下の写真は歩行困難になり寝たきりになって
生死をさまよってた時だよ。
オトンは当時単身赴任中だったから
オカンは必死に看病してたよ。
会社を休む訳にも行かず朝が来たら、
後ろ髪を引かれる思いで
玄関のカギをかけ出勤して行ったんだよ。
その時のオカンは会社から帰って来て
玄関を開けるのが怖いって、
お向かいの奥さんに開けてもらってお家に入ってたんだよ。



らみのすけ

先代らみのもっと生きたいって思いと、
オカンの頑張って生きてって思いが一つになって、
危篤状態から脱したんだよ。
その時の写真がこれ!

SBSH0017.jpg

それにいろんな病気とも闘ったよ。
ヘルニア、マラセチア菌の繁殖や床ずれ、
巨大食道症に胃拡張、誤嚥性肺炎、陰のう炎。
オカンがちょっとした変化も見逃さなかったから、
胃拡張は胃捻転にならなかったって。

床ずれの生々しい写真を掲載していますので、
見たくない方はスルーしてくださいね









これは床ずれ。骨盤の両サイドに出来てたんだよ。



IMG_0105縮小

盛ってる肉を傷つけて血を出して、
薬を塗布する処置をしてたんだよ。
目をそむけたくなるような処置だったんだって。
でも完治するって信じて処置してたんだって。



SBSH0058_20160921095937cf2.jpg

あと一息のところまで治ってきたんだよ。
毛もきれいに生えてきて、
最後は綺麗に治ったんだよ。


SBSH0036.jpg
SBSH0035.jpg

危篤から脱した写真で首から前足の方に、
赤黒い皮膚がマラセチアが繁殖してるところなんだって。
マラセチアは根気よくマラセブシャンプーを続けて退治したんだって。

通院はオトンの単身赴任先からの帰宅に合わせてたから、
これじゃいざって時に連れていくことが出来ないって思ったんだって。
痩せてたとはいえまだ26キロもある先代らみを抱っこするには重い!
通院するのにオカン一人では到底無理!

そこでネットで購入したハニカムマットとカート。
ハニカムマットはすごく重宝したんだって。
片方が袋状になってるから足を入れて、
ホットドッグみたいに挟んで持手のところから
前で抱っこする感じでタスキ掛けにするんだって。
オカンでも楽に抱っこ出来たんだよ。
IMG_0244.jpg

マットごと、荷車じゃなかった大型犬用カートに乗せて
そのまま待合室まで移動してたんだよ。


IMG_0239.jpg

この頃は季節のイベントを楽しんでたんだよ。
クリスマスに14歳のお誕生日にお正月、節分にひな祭り。
ここに写ってるケーキやおせち、みんなワンコ用だけど、
人間も食べれるから先代らみとオトンとオカンで食べたんだって。

ケーキとらみのすけ


クリスマス

IMG_0319_201609131346477cf.jpg

IMG_0331_2016091313464604f.jpg

IMG_0355_201609131346456e5.jpg

おひなさんが終わって先代らみがお出かけした最後の写真だよ


IMG_0382.jpg

桜が咲く頃はもう起き上がる事も出来なくって、
ご飯も自力で食べなってオカンに食べさせてもらってたんだって。
先代らみの体を膝の上に乗せて食べさせてたんだよ。
この頃から巨大食道症や胃拡張が出始めたんだって。
結局5月半ばから鼻からチューブを胃の手前まで通して、
流動食を給餌する方法に切り替えたんだよ。
お肉の素焼きはお口から食べたんだって。

いろんな事をいっぱい言われたけれどオカンは強かった。
通院した時に他の飼い主からイヤな事言われて
「この仔が生きようとしているのにあなた達に
何の権利があって延命治療だのかわいそうだの
無責任な事言えるんですか?」って、
言ったんだよ。その写真がこれだよ。

IMG_0421.jpg

IMG_0433_20160913155203b31.jpg

この夏を乗り切ったら15歳も夢じゃないかもって
オカンは思い始めてたみたいやで。
でも8月の終わりぐらいの通院で、
体温が低いって言われてエアコン禁止令だって。
病院からヒーターのマットを借りて寝床に入れたり
湯たんぽを少し離れたところに入れたり、
点滴も温めてから打ったり
ほんまに必死やったんやって。
オカンは先代らみの横にお布団を敷いて
手をつないで寝てたんだって。


あの日も真夏を思わせるような暑さだったんだって。

「らみ、ただいまぁ~ちょっと冷たいお茶飲ませてな。
 すぐにシーシー取るからね」って
オカンはカバンをソファーに放り投げお茶を飲んで、
手慣れた手つきで先代らみのシーシーを抜いたんだよ。
(導尿っていう処置やねんて)
濁り具合や匂いをチェックしてトイレにジャーって流して、
使った器具は消毒して終わり。

次にオカンは療養食とミルクをミキサーにかけて、
先代らみのご飯の支度をしてたんだよ。
午後6時半を少し回ったぐらいに
先代らみが変な咳を数回したんだよ。
オカンは先代らみの傍に駆けつけたんだけど
痙攣をおこしてたんだって。
病院に駆け込んで気道確保、酸素吸入をしてもらったけど、
脳の70%がダメージを受けてる状態である事、
この先は延命治療になる事の説明を受けたんだって。
オトンは中国に出張してて帰国まで後2日だったから、
オカンはオトンと先代らみを合わせるまでは、
絶対死なさないって決めてたから延命治療の方向でと
先生にお願いしてオカン、オトンに電話をしたら、
「らみを家に連れて帰って寝かしたれ」って。
オカンが先生と替わってオトンが今の状態を聞いたんだって。
先生と話をしてオトンも覚悟を決めた感じやったみたい。
オカンが「らみは安楽死ですか」って聞いたんだって。
先生は「僕もご主人の意見に賛成です。今夜が峠ですよ」って。
一番最初に先代らみの命を救ってくれた先生の手で、
最後の処置、胃の手前まで入れてるチューブを
抜いてもらったんだって。

その日の夜先代らみはオカンの腕に抱かれて、
お空に旅立ったんだって。
それが2012年9月25日なんだって。
14歳9ヶ月と11日の犬生・・・・・
闘病生活1年4ヶ月・・・・・
闘病生活以外体調を崩した事がなかったみたい。
ほんとに健康優良犬だったって。

自宅に来てくれる訪問火葬でお葬式をしてお骨上げも全部、
オカン一人でやってのけたんだって。
先代らみは大型犬だったからマイクロバスに火葬炉を
搭載した車が来たんだよ。
オカンは火葬炉の横に座って火葬が終わるのを見守ったんだって。

お葬式の日は雲ひとつない真っ青な青空と、
眩し過ぎる太陽が先代らみを迎えてるようで、
オカン、不思議と涙が止まったんだって。

僕らはお父さんやお母さんの笑顔が見たいから頑張れるねん。
お父さんやお母さんは僕らの笑顔が見たいから頑張れるねん。
どんな治療にも耐える事が出来るねん。
僕らは今、この瞬間を精いっぱい生きてるねん。

オカンが先代らみのお世話に使った寝具(低反発マットやハーフケット)、
医療器具やお薬を処分するって決めたみたいやで。
いままでずっと先代らみの命に関わる物を保管してた
クロゼットを絶対開けなかったオカンが開けたんだよ。

4年目のひとつの区切りやねんって。


おまけ
長文を最後まで読んで頂いてありがとうです。
これからは僕がオトンとオカンの心の支えになるです。
だからこれからもよろしくたのんますね。

CIMG0935.jpg

先代らみ トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]

先代らみ

  1. お手紙(09/25)
  2. こんな写真みぃつけたぁ~(05/22)
  3. もしも・・・・・(12/14)
  4. ひとつの区切り・・・(09/25)